青い鳥幼稚園を応援するページ

千葉市にある青い鳥幼稚園の保護者会が運営するページです。

2018/07/13
から oyadori
0件のコメント

えいごであそぼ

先日、園児のパパによる「えいごであそぼ」を保護者会企画でさせていただきました。

 

まずは、ハローソングで元気に音楽に合わせて体を動かしながら英語の歌を歌ってから、

 

日本語ではおなじみの「あたま、かた、ひざぽん」の英語版”Head, shoulders, knees”でウォームアップしてから

「幸せなら手をたたこう」の英語版”If you happy and you know it…”

「ぐーちょきぱーで何作ろう」の英語版”Rock, scissors, paper”

みんなで盛り上がりながら両手で色々と物や動物を作りました。

 

英語絵本の”Brown bear, Brown bear, What do you see?”では、

リピートしてねと言ったわけでもなく数ページ進むと園児たちが自然とリピートしている様子から

子どもの言語習得能力はすごいなと思いました。

 

英語が好きになるきっかけになるといいですね~

2018/05/28
から oyadori
0件のコメント

親子遠足2018

4月より新しいお友達も増え、園にも慣れてきたかな~

今年度の初行事「親子遠足」がありました。

 

お天気はすがすがしい晴れ!

登園後、組ごとにまとまって親子で手をつなぎながらの遠足です。

 

思い出の集合写真を撮り終えたら、先生たちが楽しい体操を準備してくれていました。

親子で体を使ったエクササイズ、走り回る自由遊びの前にちょうどいい準備運動になりました。

ボール遊びや縄跳び、木登り、おいかけっこ、かくれんぼ…etc

 

たくさん遊んだ後はお楽しみのお弁当タイム

ちょうどいい木陰のある公園なので、涼みながらおいしいお弁当をいただきました。

お弁当の後は、これもお楽しみのおやつタイム♪♪

同じおやつを持っていた子供たちが集まってうれしそうでした。

 

2018/03/08
から oyadori
0件のコメント

今年度もありがとうございました

3月になり、ピンクシールさんは卒園式の練習など、

巣立ちへの準備の日々が続いているようです。

この幼稚園での数年間、毎日おもいっきり外遊びをした経験は、

子どもが、子どもらしくあった記憶として、大人になっても、

どこか心に残ることだろうと考えています。

先日、図書の整理をいていた際、とても古くからある本を

見つけました。貸出カードには、今は存在しない組の名前が

いくつもあって、園長先生に思わず見せていたら、先生は、カードにある

子どもたちの名前をみて、「この子はいま大学生に」

「この子は結婚の報せが」と懐かしそうにしていらっしゃいました。

 

 

さて、今年度の保護者会の活動もそろそろ終わりそうです。

先日は、桃の節句にちなんで、お弁当の時間に甘酒を楽しみました。

夏みかんや、どんぐり拾いなど、今年は季節ごとにさまざまな企画を通して、

子どもたち、先生方とともに

かけがえない時間を共有することができました。

 

来年度も、こちらのHPは引き継がれてゆく予定です。

来年度になりましても、引き続きたまに覗いてみてください。

 

一年間、どうもありがとうございました。

みなさまにいい春がきますように。

 

 

 

 

 

2018/02/23
から oyadori
0件のコメント

後期の総会でした

青い鳥幼稚園保護者会の総会(後期)がつつがなく終了しました。

総会の資料から、園長のあきよ先生からのコメントをここに転記します。

********************

昔、先輩保育士が「1月はいく 2月はにげる 3月はさるといわれている

から、この3ヶ月間を子どもたちと大事に過ごすように」と教えられたことが

あり、毎年思い出します。

 

この時期子どもたちは、「小学校に進学する」「1学年おおきくなる」という

ことをいろいろな場面で実感するからでしょう。そんな子どもたちを

見ながら 1年前 2年前 3年前・・・・の姿を思い出し、子どもたちの成長の

大きさに驚いています。保護者のみなさまには、この1年本当にたくさんのご協力と

ご支援をいただきありがとうございました。

 

皆さまが考えてくださった行事を子どもたちと一緒に楽しませていただきました。

 

ありがとうございました。

2018.2.22

園長 芦谷 彰世

*********************

 

2018/02/06
から oyadori
0件のコメント

観劇会<パントマイム>

節分の週末から明けての月曜日、青い鳥幼稚園では、いつもと

少し違った観劇会を行いました。

「パントマイムのお兄さん・金子しんぺい」さん

にお願いをして、

検見川の公民館にて、パントマイムや、その他趣向をこらしての

ショーをしていただきました。

パントマイム「初」の子どもたちも、あっという間にその世界に引き込まれて、

最後は、みんな家族に披露するべく自ら練習するくらいまでの熱気となりました。

子どもも保護者も先生も、ショーの間はもちろんこのお兄さんの言いなりです。

ボールを投げたり、目かくしをされたり、踊ったりと、

たくさん笑って、驚いて、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

 

パントマイムの大事なポイントは、そこに本当にそれがある、というように

「想像すること」だそうです。

あたかもそこにあるかのように、と想像すること。

そこにあったなら、と想像することは、それはやがて「もしこうであったなら」

「もし自分であったなら」に変遷して、

そうして、それはやがて「思いやり」につながってゆくと思う。とやさしい言葉をつかって、

子どもたちに話していたお兄さんでした。

この日に創造されたミニパントマイマーたちが、これからどんな想像をめぐらしながら

成長してゆくのかなー、と幸福な想いに巡るひと時となりました。

 

パントマイムのお兄さん、ありがとうごさいました。

 

※今、千葉のポートシアターにて、出演されてるそうです。

ご興味あればぜひ。

ギアトップページ